サルでもわかるダイヤモンド

知らなかったダイヤモンド知識

ダイヤの価値を決めるのは4C

ダイヤモンドの価値を表す4Cと言われる4つの要素について

ダイヤモンドの価値を示すものに4Cと言われる4つの要素があります。その4つのCとは、CUT(カット)、COLOR(カラー)、CLARTIY(クラリティー)、CARAT(カラット)です。まずカットは、ダイヤのプロポーションに対する評価となります。この項目は天然のダイヤの評価ではなく、人工的に人間が関与したカッティングの技術レベルということになります。鑑定のグレードでは、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェアー、プワーという具合にグレードが落ちていくことになります。ダイヤはカットのよいものほどよく輝くといわれていますので、カットはダイヤモンドにとって重要な要素ということができます。次にカラーです。

カラーには無色、ほとんど無色、わずかな黄色、薄い黄色といった形でDからZまでのグレードが等級づけされています。見た目の違いは、たとえば最上級のDとその次のEではほとんど区別がつかないとされており、その位カラーのグレードのついての判定は難しいものがあるといえます。したがって厳密な鑑定を望むところではダブル鑑定といって二社による鑑定を行うところもあるぐらいです。そして、次がクラリティーです。これは内包物の量の鑑定です。磨かれたダイヤを鑑定士が拡大して検査し、インクルージョン、つまり内包物の有無や位置、大きさといったものを評価していきます。

この内包物の多少、位置や程度によって厳しく等級わけがされていくことになります。当然同じグレードであっても内包物や位置はそれぞれ変わってくることになりますので、傷の見えやすいものとそうでないものが存在していくことになります。品質の安定したダイヤは、仕入れ段階で厳密なセレクトを行ったものが多く、品質の差はこうした段階から小実ことになるのです。最後の4つ目のCがカラットです。このカラットはダイヤモンドの評価ではもっともポピュラーなもので、誰しもが知っているものですが、ダイヤの重量を指すものです。

ダイヤの直径や深さの比率が同じプロポーションの場合、重量が重いことが大きいことになりますので、大きさにも絡んでくる内容ですが、あくまで重さを基準にして算定しています。カラットと価格の関係でいいますと、ダイヤは大きいものほど割高になります。これは天然の素材レベルでの産出量が少ないため、どうしても希少性があがることになるからです。このように4つのCをベースにしてダイヤモンドの価値は決められていくことになるのです。

  • サルでもわかるダイヤモンド
  • ダイヤの価値を決めるのは4C
  • 相場を知っておく
  • 注意する事
  • 信頼の買取店探し
  • 買い取られた後のダイヤモンド
  • ダイヤモンド買取の製品知識。理想に近いダイヤ製高音用振動板
  • ダイヤモンド買取で価格を決めてあるものと査定に有利になる条件について
  • ダイヤモンド買取ではグレードと内包物で買取価格が違う
  • サイトマップ