サルでもわかるダイヤモンド

知らなかったダイヤモンド知識

ダイヤモンド買取で価格を決めてあるものと査定に有利になる条件について

ダイヤモンド買取を行う場合には、価格を決めてあるものとして4Cがよく知られています。4CとはGIAと呼ばれている米国宝石学協会によって定められた基準のことを指し、カラット、カラー、クラリティ、カットの4種類のことをいいます。これらの頭文字をとって4Cと呼ばれており、ダイヤモンド買取においては重要な指標となっています。

カラットは一般的に多く知られており、これは重量のことを表わしています。ダイヤモンド買取では1カラット0.2gで計算され、カラットが大きいほどダイヤモンドの見た目も大きくなりますが、カットの具合によってはアンバランスになることもあり、このような場合には相場より安い金額が付けられることになります。カラーは無色の方が相場が高くなりますが、カラーダイヤモンドの場合には、色によっては値段が高くつく場合があり、それは色が鮮やかで濃い場合が該当します。

クラリティは透明度を表わし、鑑定では内部にクラリティ特徴となる包有物の存在が確認されます。クラリティ特徴が多くなった場合には、それだけ光を反射しなくなり輝きが失われてしまうためにダイヤモンド買取では安い金額がついてしまいます。カットに関しては、ダイヤモンドでは唯一人の手による要素であり、ここでは人間の技術で輝きが生み出されます。ダイヤモンドの輝きのほとんどは、このカットグレードによるものであり、グレードが高いほど相場は高いものとなります。

ダイヤモンド買取では、他に査定に有利なものとしていくつかを上げることができ、そこでの条件が合った場合には相場も高くなり、買取での金額も高くなります。査定に有利な条件としては、まず、カットの形状を上げることができます。カットは様々な基準によって決められますが、その要素としては全体のバランスとなるプロポーション、対称性となるシンメトリー、そして、研磨となるポリッシュの3つがあります。

最高ランクはエクセレントと決まっていますが、エクセレントは2つの条件でも表現されており、つまり、この3つの条件が揃った場合には3Exと表記され金額がアップされます。次にハートアンドキューピットがあります。これは、ある一定の形状と優れた対称性を持つダイヤモンドを特定機材で見た場合のみに現れる模様のことを指し、ハートと矢の模様が見えることから婚約というアピールにもつながりダイヤモンド買取では査定額のアップにつながります。他にも色の濃いカラーダイヤモンドの場合には非常に珍しいものとなるために高値が付くことになります。但し、この場合には条件があり、レットやピンク、また、グリーンやブルーなどが場合によっては数千万円に跳ね上がることがあるのに対し、逆に、色の薄いイエローやブラウンっぽいダイヤモンドの場合には無色透明のダイヤモンドンに比べても値段が数分の一になってしまう場合があります。

  • サルでもわかるダイヤモンド
  • ダイヤの価値を決めるのは4C
  • 相場を知っておく
  • 注意する事
  • 信頼の買取店探し
  • 買い取られた後のダイヤモンド
  • ダイヤモンド買取の製品知識。理想に近いダイヤ製高音用振動板
  • ダイヤモンド買取で価格を決めてあるものと査定に有利になる条件について
  • ダイヤモンド買取ではグレードと内包物で買取価格が違う
  • サイトマップ