サルでもわかるダイヤモンド

知らなかったダイヤモンド知識

ダイヤモンド買取の製品知識。理想に近いダイヤ製高音用振動板

ダイヤモンド買取の知識には、ダイヤモンドを応用した製品作りの話もあります。例えば、ダイヤはオーディオ分野で振動板として重用されているものです。特に高音用のスピーカーに使う振動板には理想に近い素材として、オーディオファンから知られています。

ダイヤがオーディオ・スピーカーに使われる理由は、スピーカーの構造を知る中で理解できるでしょう。まず、スピーカーを前から見ると、お椀型の窪みがいくつかあります。この窪みは振動板と呼ばれるものです。それぞれは飾りではなく、音楽プレイヤーから送られてきた電気信号を音に変換する、大切な役割があります。

スピーカーは低い音から高い音まで、様々な音を出さなければいけません。しかし、電気信号を音に変える振動板は、それ一つで全ての音を再現できる訳ではありません。用いられる素材によって、特異な音の高さが異なる為です。そこで、高音用(ツィーター)、中音用(ミッドもしくはスコーカー)、低音用(ウーハー)の3種類を用意して、様々な音色をできるだけ元の音に近く再現できるように改良されてきました。

高音用の素材に適切なのは「硬くて軽い素材」であり、従来はアルミニウムが主に用いられてきました。しかし、オーディオ機器の技術発展に伴い、特にコンピューターで理想的なスピーカーをシミュレートできるようになってからは、アルミニウムは素材として限界が見え始めてきます。そこで、アルミニウムに代わって素材として利用され始めているのがダイヤです。

高音を元の音通りに上手く再現するには、伝播速度が重要です。ダイヤを使って製作した場合、振動板としての理想に近い特性を発揮するとわかっています。そこで、現在のオーディオ・スピーカーには、ダイヤが素材として用いられています。高価な素材である為、従来は別の素材にコーティングした物が主流でしたが、近年は素材全てをダイヤで作った、より理想に近いオーディオ機器として作られるようになり始めました。

ダイヤモンド買取の場で、ダイヤモンド買取の査定員がオーディオ機器のダイヤモンドを査定する事はありません。ダイヤモンド買取の店舗で取り扱っているのは宝飾用ダイヤであり、オーディオ機器に用いられる工業用ダイヤモンドは専門外にあるからです。ダイヤモンド買取等のダイヤビジネスに従事する人間であれば、多かれ少なかれダイヤの特性を知っている必要があります。しかし、ダイヤが持つ応用の幅は、ダイヤモンド買取の専門家のような存在でも十分に把握しきれないほど広いものなのです。

  • サルでもわかるダイヤモンド
  • ダイヤの価値を決めるのは4C
  • 相場を知っておく
  • 注意する事
  • 信頼の買取店探し
  • 買い取られた後のダイヤモンド
  • ダイヤモンド買取の製品知識。理想に近いダイヤ製高音用振動板
  • ダイヤモンド買取で価格を決めてあるものと査定に有利になる条件について
  • ダイヤモンド買取ではグレードと内包物で買取価格が違う
  • サイトマップ